キャスティングを利用するタイミングや価格を知ろう

認知度をアップさせたいならキャスティングを利用しよう

キャスティングを利用するタイミングや価格を知ろう

レッドカーペット

芸能人によって価格は様々

キャスティング会社に依頼をして、イベントなどに芸能人を呼ぶことがありますが、気になるのが価格についてです。
基本的にはテレビやラジオ、雑誌への露出が多い芸能人ほど高くなると考えて良いでしょう。ただし、イベント慣れしている、その人が来ると盛り上がるなどといった芸能人も珍しくありません。その場合は知名度がなくても価格が高い場合もあるので注意が必要です。

自治体イベントのキャスティングも可能

いろんなメディアで取り上げられるようなもの以外にも、自治体で行われる小規模なイベントにも対応しているキャスティング会社も多いです。ただ、その場合はキャスティングできる芸能人が決まっているのが一般的なので、好きな人が必ず来てくれるわけではありません。例外があるとすれば、その土地の出身だからという理由で引き受けてくれるケースなどです。

過去の実績も調べておく

あたかも有名人をキャスティングできると装っていることもゼロではありません。そして当日になって都合が悪くなったからと、見たこともない人がやって来るのです。そうなると主催者側が来場者に謝罪する羽目になります。
そんな事態を避けるためにも、必ずお目当ての芸能人や著名人が、イベントに出演した実績があるのかを調べておきましょう。たいていは所属事務所のホームページにアクセスすればわかります。

キャスティング会社を利用すべきシーンTOP3

no.1

第1位はやはり認知度をアップさせたい時

良い製品ができたとしても、誰も知らなければ意味がありません。その時にキャスティング会社に依頼して、有名人に宣伝してもらうと多くの人に知ってもらう機会が増えます。

no.2

第2位は企業のイメージアップ

好感度の高い芸能人に自社をアピールしてもらう、もしくはイメージキャラクターになってもらいます。するとそれだけで企業の印象が良くなることも珍しくありません。

no.3

第3位は集客したい時

講演会やお祭りなどといった、とにかく人を集めたい場合にもキャスティング会社を利用しておくと便利です。特にイベントに興味がない人でも、有名人を見たくて足を運んでくれるかもしれません。

どの分野のキャスティングに強いか確認しておく

バラエティータレントを多くキャスティングしているところから、経済や防犯といった講演会で話ができる著名人など様々な人が在籍しています。そのため、まずはめぼしいところを見つけたら、自分が希望している人をキャスティングできる会社なのかを確認しておきましょう。来て欲しい人の名前がわかるなら話が早いです。もしも決まっていないなら、どんな内容のイベントなのかを明確に伝えると失敗が少ないです。

広告募集中